WWW を検索 fishclubを検索

 ●初心者の為の豆知識
ハリ エサを付け、そのエサを魚がくわえたときに刺さって魚を掛けるための道具。狙う魚に合ったハリの種類があります。また、ハリによって重量が違いますので、ハリの重さでも使い分ける事が出来ます。
ハリス
ハリを結ぶ糸のことです。素材はフロロカーボンが主流です。
道糸
リールに巻く糸のことです。素材はナイロンが主流です。フロート系とサスペンド系という風に大きく使い分けられますが、一般的にはフロート系が使われています。
ガン玉・オモリ
仕掛けを沈める効果 と、ウキの浮力調整に使います。
シモリ玉
移動(遊動)仕掛けで、ウキをウキ止め糸に引っかかるようにするために使います。ウキよりも上に糸を通 して使います。
移動(遊動)ウキ

ウキを固定していると固定した深さでしか釣れないので、固定しないで釣る方法。
道糸に小さなゴムや糸を任意の所に付けて(市販の物がある)、仕掛けが沈んでいくとそのゴムがウキに引っかかり、深い場所など任意の深さで釣りが出来る方法です。
遊動仕掛けとは、ウキ止めを付けた場所までを上から狙う事で、ウキ止めまで仕掛けが沈むと、仕掛けを引き戻しながら釣ります。

オキアミ
ツケエ(ハリに付けるエサ)に使ったり、マキエに混ぜたりして使います。決してエビではありませんので注意して下さい。プランクトンです。
アカアミ
マキエなどで使う小さなプランクトンです。サビキ釣りでよく使われます。アミ漬け等食品もありますよね。
タナ
海の深さや魚が釣れた深さのことです。
ひとひろ
一ヒロは約1.5メートルです。
マキエ
マキ餌。魚を集めるエサのことです。集魚剤として市販されている物とアカアミ、オキアミ、その他を混ぜて作ります。
リール(スピニングリール)
左手で巻く方法と右手で巻く方法があります。
左手で巻く:竿を右手で持ち竿の操作性を重視する。
右手で巻く:竿を左手で持ちリールの操作性を重視する。
ハリ
左から、チヌ1号/チヌ2号/チヌ3号/伊勢尼5号。
普通の釣りではこれだけあれば十分対応できます。
ガン玉
左から、B/2B/3B/B(ゴム付き)/Bスイベル。
左の3つは揃えておきましょう。
セットで売っている物で良いと思います。
欲を言えば、G8・G5・G2・B・3Bは揃えておきたいガン玉です。
シモリ
移動(遊動)ウキを使うときに使用します。丸いタイプや半円型があります。半円型の方が、糸通りが良いようです。
スイベル(ヨリモドシ)
一番小さな物が良いでしょう。
あまり大きくなると、浮力(オモリ効果が出る)に関係してきます。
ウキクッション
ウキとスイベル、ウキと水中ウキのぶつかったときのショックや、糸がらみを防止してくれます。
ウキヨージ
ウキや水中ウキを固定するヨージです 。爪楊枝でも代用できます 。
ハリス
1号さえもってれば大丈夫だと思いますが、どうせなら0.8号/1号/1.2号/1.5号ぐらいは揃えておきたい物です。最近は、1.2(1.25)号が主流となり、それ以下の号数を使う人は減少しているようです。
  ウキ
ドングリウキを持っていた方が重宝します。
サイズは「0号・G2・B・3B・1号」を揃えたいところですが、とりあえず3Bぐらいを買って置いて、なれてきたら他の号数を揃えれば良いと思います。
水中ウキ
出来れば水中ウキも持っておきたい物です。仕掛け投入も楽になりますし、風の日も操作しやすくなります。
さらに、ウネリがあるときや、二枚潮のときにも効果的です。
小物道具入れ(パーツケース)
小物を管理するツールも便利です。仕掛けを変えるときなどもスムーズに出来、一目でどの道具が足りなくなっているかわかります。

500番

リール
これも重要です。
リールの大きさには番号が付いています。
大きすぎても使いにくいですし、重さも結構あります。
普段使うには2000〜2500番程度が使いやすいと思います。
低価格、低機能のリールを買うと、道糸のパーマ(糸がくるくるになる)して、糸のもつれの原因になります。リールは長持ちしますので、少し高くても買っておいた方が良いでしょう。

一番上:フロントドラグリール
小型で軽量 。しかし糸の長さがあまり巻けないために、近場向き。

二番目:フロントドラグリール
オールマイティに使えます。最初はこのタイプが良いと思います。

三番目:レバーブレーキ付きリール
レバーブレーキが付いていて便利。魚とのやりとりもスムーズに出来ます。

糸の巻ける長さの目安。
500番/1号・145m 2号・100m 3号・65m
2000番/2号・150m 3号・100m 4号・70m
2500番/2号・200m 3号・150m 4号・100m


2000番

2500番
使い終わったら拭いて、
乾燥させてなおしましょう
竿
竿がないと始まりませんので。まず買いましょう(笑)
1号の竿があればどこでも釣りが出来ますので、1号を目安に買いましょう。
竿の種類はいっぱいあります。迷うと思いますが値段に比例して性能も上がっていきます。
投げ釣りをする場合は投げ竿、ウキ釣りをする場合は磯竿、船釣りをする場合は船竿、というように使い分けましょう。
竿について 竿なんてどれ買ってもいっしょだ!
な〜んて思っているファミリー釣り師の方は多いでしょう。
 特に「俺は釣りの天才だ!」なんていってるファミリー釣り師(私の友達です(爆))。それは大間違いです。一般 的には「ウキ釣り用の竿」「投げ釣り用の竿」で区別していいでしょう。 よく売られている竿で、「15号3.6m」なんて書いてある竿は投げ釣り/船釣り用です。
 良く波止で見かけるんですが、短くて太い竿にウキ釣り用の仕掛けを付けて、ハリスは15cm、ウキは5号、なんてのはナンセンスです。別 にそれで魚が釣れないわけではないですが、釣れる確率、つり上げる確率はかなり低くなります。きっと大物が掛かったら糸が切れて魚は海へ帰ってしまうでしょう。(釣れなかった魚の話しは大きくなり10cmの魚も50cmぐらいにはなるでしょうが..(笑)) 最低限の道具は揃えておいた方が良いと思います。 
安い素材の竿と高い素材の竿、なんで高い素材の竿の方がいいわけ?
一言でいって、素材の質が違います。
 これだけでは納得しないと思われますので、ちょっと説明を....。
 魚を釣り上げるときに、どうやって釣り上げていますか? 無理矢理リールを巻いて釣り上げていませんか? 竿は魚とのやりとりをしやすく、面 白くしてくれる道具です。安い素材の竿で、60cmの魚を釣り上げるのと、高い素材の竿で釣り上げるのでは全く釣り上げるときのイメージが違ってきます。安い素材の竿で釣り上げるとなると、かなり竿と腕に力が入り、竿は曲がったままか、曲がらないままかのどっちかでしょう。魚との力、糸切れの等の関係のバランスを取るのに安い素材の竿ではかなり限界値が低くなっています。高い素材の竿を使ってみればわかるんですが、大きな魚が掛かっても、竿を立てていれば竿の弾力性で自然と魚が浮いてきて、魚とのやりとりを楽にしてくれるだけでなく、仕掛けの限界値の向上にすごく役に立つわけです。安い素材の竿を何本も折ってしまうより、一本ぐらい高い竿を買って大事に使う方が経済的にも良いと思います。
磯竿
(普段もっとも良く使う竿です)
 別に名前が「磯竿」だからといって、磯だけで使う竿ではありません。ウキを使って釣る仕掛けならばこの竿が良いでしょう。竿の種類、長さ、値段は色々ですが、先調子(竿の弾力部が中心部よりも先にあり、竿を振った時に先の方が曲がる竿)を選ぶと無難です。買うときは必ず竿を伸ばしてみて自分にあった竿を選んでください。
投げ竿
 長さが最低4.6m以上あった方が投げやすいと思います。一般 的に竿尻が長く(リールから竿の下部までが長い)、ガイド(糸を通す輪の部分)が大きいのが特徴です。船竿と投げ竿は間違えやすいので良く見て買いましょう。
 
仕掛け1
どちらも移動(遊動)式の仕掛けです。水中ウキは固定したり、しなかったりです。
ウキの浮力に合わせて、水中ウキ、ガン玉を付けましょう。ハリスは、出来れば二ヒロ(3メートル)ぐらいは取った方が良いでしょう。ちゃんと水深を測ってタナ決めをしましょう。何もわからない場所で釣る場合は特に、色々なタナを探りながら釣っていくのが鉄則です。クロダイを狙う場合、底から10cmぐらいを釣ってみるのも手ですし、マキエを撒いて沸いてくる魚を見極めて釣るのも手です。釣り場所を熟知していれば問題ないのですが、初めて釣る場所の海底は未知です。攻める事が大事です。ただ待っているのでは、魚も釣れません。
ハリとハリスの結び方
最初は大きなハリを買ってきて練習すると良いでしょう。
根気よく何度もこなしてください。一番重要な所です。
ハリが結べるようになれば、釣りの視野も、釣り方への姿勢もきっと変わるはずです。
※糸の最終形態はこういう風になるように気を付けてください
●ハ リ
ハリは対象にする魚によって大きさも形も変わってきますが、普通に波止で釣っている分には、チヌ0.6号〜3号、伊勢尼5〜6号あたりが一番良いでしょう。

道糸/ハリス
道 糸<リールに巻く糸の事です。
ハリス<ハリと道糸を繋ぐための糸です。

何故道糸を選ぶの?

 波止などで釣る際は1.5号〜3号ぐらいで十分です。
 糸付きのリールを買って、パーマして(くるくる糸がねじれて)困った経験はありませんか? 普通 に売っているリールに巻いてある糸は、ただのおまけなので、性能重視というよりも、いかに安くの目的で巻いてあります。(だいたい3号〜5号の糸が巻いてある)。
  そこで糸だけでも変えてみてください。あなたのリールの性能がワンランクアップするはずです。パーマネントも多少なりとは和らぐはずです。細かく言えば、糸には水に浮きやすく作られている物(フロート系)と、水中に沈むように作られている物(サスペンド系)があります、用途に合わせて注意して買ってください。一般 的な釣りでは、操作しやすい水に浮く糸(フロート系)をおすすめします。
 ハリスは、魚とのやりとりに重要な部分です。太すぎると魚が怯えて餌を食べてくれなかったり、エサが水中で不自然な動きをしたり、細すぎると釣り上げる時に切れてしまいます。

波止場での糸の標準使用:道糸2号〜3号/ハリス0.8号〜1号

●ハリス
ハリスにもいろんな太さがあります。
細すぎると大きな魚が掛かったときに切れやすいし、太すぎても魚に警戒されます。
とりあえず、0.8号/1号/1.2号/1.5号あたりを使用するようにしましょう。ハリスは魚とのやりとりでの重要な所です。ケチらずに 良い物を買いましょう。
 
 ウキは釣る対象魚、釣り場、状況、に合わせて使い分けると効果 的です。
 一言にウキといっても何千種類ものウキが販売されています。しかし現実はそんなに揃えていては、道具代だけで破産してしまいます。そこで最低限のウキを数種類そろえておけばだいたいの釣りはまかなえるようなウキを紹介します。
ドングリウキ

 これが、現在の釣りではもっともポピュラーなウキです。
 どんな釣り場でも左右されることなく、視認性も高く、アタリも取りやすいようです。 但し、波の高い日などの視認性には欠けているようです
※アタリとは、魚が餌をつつく、食べる、引っ張る等した時に、ウキが変化を知らせる動作をしたときの事です。

何故ドングリウキが良いのか?
 現在の主流はドングリウキ。では、なぜこんなにドングリウキが愛用されるようになったか。それは魚の頭が良くなったからです(笑)。つまり、昔使っていた「釣りの仕掛け」や「ファミリー釣り師」ではなかなか釣れなくなっています。
  魚の数も減り、いろんなマキエをして魚も舌が肥え、釣りへの環境対応もだんだん賢くなっています。そこで釣り人達は考えました、より自然に、より魚に気づかれないようにするには...。つまり、魚が餌をくわえ、大丈夫だと思わせるためにはウキや、糸への付加を減らせば少しは魚も食べやすくなるんじゃないかと(笑)。
  ドングリウキの特徴は、流れに乗りやすく自然な動きを見せ、且つ、魚にやさしいということです。それだけじゃありません、仕掛けをいかにポイントへ正確に投下するかに付いても、ドングリウキは有能です。

        
水中ウキ/誘いウキ  水中ウキって聞いたことあります?水中に潜っているウキです。ウキといってもオモリなんですが、水中で大活躍のにくい奴です。仕事内容は、水中で漂い水の流れに乗る。水の流れに自然に乗って違和感無くエサを運んでくれると言うことです。それと、派手な色を好む魚などには、集魚効果 もあります。しかし、付けているだけで逃げてしまう場合もありますので、臨機応変に行きましょう。
       
棒ウキ  一昔前までは全部これでした。視認性も良く、アタリも明確にわかるために現在でも多く使われています。また金額も安いため、初心者やファミリーには多いようです。しかしながら、仕掛け投入時や回収時には、仕掛けが絡まりやすいので、どんぐりタイプの円錐ウキをお勧めします。
棒ウキ使用例:ウキダゴ(ダゴチン)手軽にダゴチン釣りを楽しめます。
普通の波止でチヌ狙い!  ダゴチン用のマキエ(市販の物で十分です)を買い、エサはオキアミ、モエビ等を使いウキダゴを楽しみましょう。ダゴチン釣りとは、まず、ハリにエサを付けて、その周りにだんごの様にマキエを固めて付け、ポイントへ投下するというやり方です。
1 釣り方  最初はウキがだんごの重さで水面 下へ沈んでいて、だんごが割れると、ウキの浮力でウキが持ち上がり、だんごに群がっていた魚が、だんごから出てきたエサにパクリと食いつくという段取りです。
2 タナ(深さ)を測りましょう  仕掛けを準備し、ハリにオモリを付け、一度海へ投下してみましょう。 ちょうどウキが水面 よりも15?〜30?沈むぐらいに設定します。
3 エサを付けて、だんごを付けましょう。  エサを潰してしまわないように気を付けながら、だんごを付けます。 だんごの大きさは、投下して底に付くまでに割れたり、溶けてしまわないようにしましょう。だいたい野球のボールよりも少し小さめがいいでしょう。状況を見ながら大きさを変更していきます。最初はそれがマキエだと思ってだんごが割れ、ウキが浮いてくるとこまめにだんごを付け直し、再度投下しましょう。※直接だんごだけの投下も効果 的です。

 この釣り方は、普通の波止でも結構釣れます。もしかしたらとんでもない大物が掛かるかもしれませんよ(^^)
釣り場の選び方
波止編
 常連さんと思われる方を探しましょう(笑)
 ※常連さんと言っても、暇つぶし目的の常連さんでは見本になりませんが。
 一番の問題は場所取りです。早い者勝ちが鉄則ですが、いくら早く行ってもポイントがずれた場所取りでは、後から来た人の方が大漁に釣って、自分は釣れないって言うことは十分に考えられます。そこで前日から調査に行って調べる。なぁんてことは出来ませんよね(笑)。そうするのが一番良いんですが、そんな事してたら交通 費・時間だけでも馬鹿になりません。そこで、誰もいない波止の調査方法ですが、まずはマキエの痕跡を探してみましょう。マキエの痕跡は結構残っているものです。つまり、そこで誰かが釣りをしていたと言うことです。釣れるとは限りませんが、とりあえず誰かが釣っていたと言うことは事実です。
  次に、仕掛けを投下する場所ですが、これは全くわかりません。水がある程度澄んでいて海底の様子がある程度わかるのであれば、岩礁 などの周りを攻めてみるのも良いでしょうが、普通の波止では海底の様子まで見えると言うことはあまりないので、とりあえず足下を釣るんではなくて、竿一本分以上(5m以上先)を狙ってみましょう。波止の足下には捨て石が置いてあり、浅くなっていています。潮の流れや速さ、海底の様子をウキから読みとり、仕掛けを投下するポイントを決めていきましょう。
磯 編
 これは瀬渡しの船長に聞くか、釣り人に聞くのが一番確実です。但し、同じ瀬に上がった釣り人に聞いても教えてくれない場合も(嘘を)ありますが(^^;。
  磯ではタナが10cm違っても釣果が全く変わってしまいます、ハリスへのガン玉 の付け方一つでも全く違うし、磯は魅力的です。一言で言えば潮を見て釣ると覚えておいてください。

釣行の準備/心がけ

 前日からの準備はもちろん、日頃から道具の手入れは必須です。
 「さぁ、釣りに行くぞ! あ、道具が壊れてる...。無い....。」
では話しになりませんので、ある程度の道具管理はしておいた方が良いでしょう。リールにはオイルを差し、竿は綺麗に洗って乾燥させておく事が大事です。
 次ぎにエサ、マキエなどの確保です。行く時間帯にどこの釣具屋が開いているか、ちゃんと把握しておきましょう。マキエ、エサは前日からの購入でも問題ないと思います。
 持っていく釣り道具を前日から用意して、ぐっすり眠って出かけましょう。
 対象魚を選んでおきましょう。ある程度目的意識をもって行ってみましょう。そうすればもっと釣りが楽しくなるはずです。例えば、クロ(メジナ)を狙うんであれば、それ相応の仕掛けを持っていくことが必要となります。
 目的の魚を決めないで行くと、仕掛けをあれこれ持っていかなければならなくなり、道具が膨大になって、
「釣り場は車から遠いの?」
「もっと車から近いところで釣ろうよ!」

等々、ファミリー釣り師に定着してしまい、釣りの腕前も上達しません。目的にあった道具。目的にあったエサ。目的にあった服装をきちんと考えて、釣行しましょう。そうすれば、自然と釣りの腕前も上がっていくはずです。


釣り場での楽しみ方

 釣りにはいろいろありますが、波止で短時間の釣り、磯で長時間の釣り等々。
 長時間、短時間問わず釣りをやっていると、集中力もだんだん落ちていき、しまいには眠ってしまうなんて事もありえますので、ちょっとしたイベント心をもって釣りに出かけるのもいいでしょう。
 そこで、一番良い物は「お湯が沸かせる」道具があれば便利です。アルポットなど携帯に便利で機能的なものを一つ持っていれば重宝します。当たり前のことですが、他の人に迷惑がかからないのが条件ですが。

※参考までに私が釣り場で遊んだ事は、、、
モツ鍋/天ぷら/お好み焼き/みそ汁/スープ/おじや/そうめん/焼き肉/焼きそば/焼き鳥/イカ刺し/刺身/薫製/等々


魚のお持ち帰り
 気を付けてください。腐らないように(笑)。
 氷等は持っていくか、買うかしてちゃんと確保しましょう。 刺身で魚を食べるのであれば、魚を直に氷にくっつけず、新聞紙等を氷と魚の間に挟みましょう。
 それと、一番の強敵は「臭い魚」です。特にバリ(アイゴ)!!。もぅ、あれだけはたまりません(笑)。同じクーラーに他の魚と入れて帰ると、バリの臭いが全部の魚について、まずくなってしまいます。内臓を出して、きれいに洗っても、臭いは残ります。処理をして、同じクーラーへ入れる場合は、ビニールなんかで隔離させといた方がいいかもしれません(笑)。

さぁ! 釣りに出かける計画を立てましょう!

FISH CLUB
リンクフリー リンクはこちらに→http://fishclub.s7.xrea.com/